フリーコール(携帯電話からも通話料無料)
  0800-500-0302
   受付時間:午前8時〜午後6時



■第2章 楽しいお掃除は環境作りから


仕事でもお掃除でも、まずは環境を整えることが大事。環境が整っていないとついつい億劫になってしまったりする。
だからお掃除の道具はいつも取り出しやすいところに。やろうと思った時にすぐに始められる体制を整えておくことが大事です!

●タオルはいつも取り出しやすいところに置いておく
●タオルを干す場所を決めておく
●タオルはセスキと熱湯で洗う
●小さなブラシ類は百均のお皿に乗せてしまっておく
●モノをなるべく減らす
●トイレにお掃除用ブラシは置かない

●タオルはいつも取り出しやすいところに置いておく

掃除のキホンは拭き掃除。

だから何よりもタオル(雑巾)を、いつでもすぐに取り出せる場所に置いておくのがオススメです。
ボクの場合はいつもいる時間の長いリビングの棚のところに、掃除用の畳んだタオルを何枚かきちんと重ねて置いてあります。
見えるのがイヤだという方は引き出しの中にしまっておいてもいいでしょう。でも肝心なのは、いつでもすぐに取り出せる場所にしまっておくこと。引き出しの高さや場所も重要ですよね。すごく低い場所とか高い場所とかだと、タオルを取り出すこと自体が億劫になってしまう。
だからなるべく取り出しやすい場所にしまっておきましょう。もちろんきちんと並べてね!

●タオルを干す場所を決めておく

お掃除で使った後のタオルはもちろん洗いますから、どこに干すのかということも大事!
もちろん出来ればベランダやお庭など、外の方がいいですよね。タオル自体が部屋干しのニオイで臭くなってしまわないように。

お掃除用のタオルは当然だんだん汚れてくるものですが、掃除の道具自体が汚くなってはお掃除マインドが失せてしまいます。
汚れてきたらもったいないと言わずに思い切ってどんどん捨てましょう!

ボクの家では、キッチンで料理したりする時用に新品のタオルを下ろし、汚れてきたらお掃除用に回しています。
どんどんローテーションして使っています。


●タオルはセスキと熱湯で洗う

お掃除で使ったタオルを熱湯で洗うのはとてもオススメ!殺菌にもなるし汚れも落ちやすい。ボクの場合は自宅の洗面台にタオルを置いて、ヤカンで熱湯をかけてしまいます。洗面台は熱湯をかけても大丈夫ですから!
あ、一応自己責任でやってくださいね〜(^^)
ま、心配だったら桶とかを使ってもいいかも。

さらに、洗う時に「セスキ炭酸ソーダ」を使うのもオススメ!
タオルを洗面台に載せたらセスキ炭酸ソーダの粉を適当に振りかけて、その上から熱湯をかけちゃいます。セスキ炭酸ソーダは水やお湯に溶けるとアルカリ性になり、油汚れをすっきり落としてくれます。

そうやってしっかり殺菌もしてあげたタオルをちゃんと干してしまっておけば、いつでもお掃除スイッチオン!!
いつでもサッとお掃除に取りかかれます。


●小さなブラシ類は百均のお皿に乗せてしまっておく

ブラシ類の詳しい使い方の説明については別の章に譲りますが、ここではしまい方のコツをお伝えします。

ブラシ類は洗った後に、タオルと違って絞ることが出来ません。ちょっと濡れた状態になっているワケです。
なので、百均のお皿やタッパーとかを使って受け皿にして、その上に乗せておくのがオススメです。
で、それをどこに置いておくか、ちゃんと場所を決めておく。

ボクの家では洗面台の下の棚のところにしまっておきます。しっかり振って水を切っておけば、多少湿った状態のままで置いておいてもやがて乾きます。あまり長期間、その状態でしまいっぱなしでは臭くなったりしちゃいそうですが、しょっちゅうお掃除して使っていれば別に大丈夫。
大事なのは、サッと取り出してサッと洗ってサッとしまえるようにしておくこと。その手間暇がなるべく少なくて済むようにしておくことが、お掃除マインドには重要です!


●モノをなるべく減らす

お掃除する時に障害になるのがなんと言ってもモノたち!お部屋の中に物が多くてあふれかえっている状態だと、どうしてもお掃除スイッチがオンになりにくい。だから常日頃からモノを減らすように心がけているのがいい。
このサイトはモノを捨てるためのテクニックなどをお伝えすることがメインテーマではないので他のサイトや書籍に譲りますが、捨てる習慣、モノを減らす習慣が、楽しい暮らしをするためにもとっても大切です!
ここではボクがこれまで読んでみて良かった、捨てるテクニックが書かれている本をいくつかご紹介します。

『1週間で8割捨てる技術』 著者:筆子

『「捨てる!」技術』 著者:辰巳渚

『人生がときめく片づけの魔法』 著者:近藤麻理惠
(↑この本はあまりにも有名!ボクもこの本を読んだ頃から人生が好転し始めました!)

他にもたくさんの片付け本や整理本、ブログなどがありますから参考にしてみて下さい!


●トイレにお掃除用ブラシは置かない

「モノを減らす」の延長ですが、今はどこのお宅でも必ずと言っていいほどトイレ掃除用のブラシが置いてありますが、あれ、要らないです!!w

また別の章で書きますが、便器の掃除はサンドペーパーが一番いい!小さくカットしておいて、いつでもサッと取り出せるようにしまっておく。
ブラシが置いたままになっていると、例えばトイレの床を掃除する時に、いちいちブラシ自体をどかしたりする必要があるワケです。
しかもブラシ自体がホコリをかぶったり汚れが飛んだりして汚くなるじゃないですか〜!だからお掃除マインドが失せてしまう。

ボクの家ではストックのトイレットペーパー以外、トイレには何も置いていません!
だからいつでもサッとお掃除に取りかかれます。