メルマガ Vol.16 塩漬けオイル漬け 〜有り難い自然の恵み

最近複数の会社さんが、ボクのノー冷蔵庫な生活にとても興味を持ってくれていて、「主婦向けに河辺さんの冷蔵庫を使わない生活講座とかやりたいですねー!」という、何とも有難いお話を戴いています!

ホントに実現しますかね??笑

僕の夢は「会社経営をやりながら講演・執筆活動をする」なんで、もし実現したらまた一歩夢に近づきますね w

ってことで、最近また塩漬けライフが進化しましたんで皆さんと共有させて戴きますー!(^^)
簡単に作れてホントに美味しい!

『塩漬けオイル漬け』

ま、アンチョビを作るようなノリなんですが。

具材はイワシやサンマ、イカやエビなどの魚介がイイ!

【作り方】
(1) 後で使いやすいように具材を割と細かく切る
まさにイカの塩辛とかの感じで

(2) 塩をどかっと多めに入れて全体にまぶす

(3) 一晩すると具材から水気が出てくるので捨てる
一緒に塩が流れてしまうので塩を少し足してもいい

(4) 具材にもよりますが2〜3日これを繰り返す

(5) 長ネギや玉ねぎ、鷹の爪やニンニクやクローブやローリエ、ベイリーブスなど、香味野菜、スパイス系を何でもいいから保存瓶にテキトーに入れ、塩漬けにした具材も一緒に入れてオリーブオイルをひたひたに入れる
ま、スパイス類入れずに塩だけでもかなり美味いです!

出来上がり!!
モチロン冷蔵庫には入れない。
常温ですよ!常温!
何ヶ月でも保存出来ます!!

しょっぱいですよー!
だから少しづつ使いましょー!

【使い方】

・そのまま酒のアテとして

・おにぎりの具として
長ネギ刻んで一緒にあえると更にサイコー!ゴマとか入れてもイイ!

・炒め物やスープなどにチョットだけ入れる

・卵焼き、オムレツを作るときなどにチョットだけ入れる

・鍋にチョットだけ入れる

・納豆にチョットだけ入れる

・オイルは旨味がしみ出しているので捨てない!
チャーハンなど炒め物に入れるとグー!

・その他何でも、アイディア次第で美味しさ無限大!!

要は魚介などのタンパク質が塩漬けにすることで発酵することで、旨味となるアミノ酸がバンバンに出てくるのです!!

【使い方のポイント】

ものすごくざっくり言っちゃうとなんですが、要は「旨味調味料」が出来上がるわけなんで、醤油や味噌、ダシなどの代わりになると思っていただいていいですねー!
だから納豆にかけても美味しいし、スープなどに入れても美味しいわけです!
昆布だしやかつおダシの代わりにもなるワケです!

よく、「なんか味が足んないよね〜」とか言いますけど、「味」っていうのはざっくり言って2種類あって、「塩分」と「旨味」だと思うんです。塩分が足りていても旨味が足りていないとただ塩っぱいだけになってしまう。逆にダシが足りていても塩分が足りていないとこれまた美味しくないワケです。

塩漬けやそのオイル漬けは両方いっぺんに補給できるのでとっても便利にお料理を美味しく出来るのです!!

【豆知識】
肉でも魚でも、塩分濃度が一定以上になると常温でも腐らなくなるそうです。
一方、どんだけ塩をまぶしても、一定濃度以上は塩分は入らなくなるらしい。
そんでもって旨味はバンバンに出てくるし保存は利くしで、いいことづくめ!

「えっ!冷蔵庫無しで保存出来るんですか−!?」

いやいや奥さん、冷蔵庫なんていうものが普及したのは日本で言えば戦後のハナシ!
それまで何百年も何千年もの間、人類はそうやって食材を保存してきたんです!!
日本で言えば江戸時代にさかのぼるまでもなく、明治〜大正〜昭和の初期までみんな冷蔵庫無しでフツーに暮らしていたんです!!
夏目漱石の家にも森鴎外の家にも冷蔵庫は無かったんです!!
見に行ったこと無いけど 笑

塩漬け以外にも甘露煮や佃煮や釘炊きや・・・
他にもお日様に干して乾物にするとか燻製にするとか・・・

昔ながらの方法で保存した食材は美味しくなるんです!!

冷蔵庫で保存しておいても別に美味しくはならないでしょう??
かと言って、じゃぁ腐らないかっていうと、結局腐るわけですよ!
冷蔵庫での保存はボクに言わせれば単なる「延命」w

いや、ま、いいんですけどね、冷蔵庫捨てなくても!笑

でもこの塩漬けオイル漬けはホントに美味しいんで是非試してみて欲しいです!!
微生物さん達が一生懸命活動してくれて発酵させてくれて美味しくなる!
これも有り難い自然の恵みです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です