メルマガ Vol.25 真冬の北海道で滝行してきました! ~人間、諦めると何でも出来るものです!

こんにちは!
寒い日が続きますね!そんな季節に先日、真冬の北海道で滝に打たれて参りました~~!

ボクが毎月参加している某勉強会の仲間達で「滝行サークル」みたいなものがあり、年に4回とか滝に打たれに行っているのですが。
今回はその仲間の一人から
「河辺さ~ん、1月に北海道に滝行に行くんですけど一緒に行きませ~ん??」
みたいな軽~いノリで誘われた真冬の北海道の滝。

「え゛~~!!真冬の北海道で滝!!!さすがにムリでしょ!!!」

と、ココロの中では思ったんですがついつい
「あ・・・マジで!?・・・えっと・・・行きまっす!!」と答えてましてw

行って参りましたよ真冬の北海道の滝!!

水温0度、気温マイナス13度w

地元札幌在住でこの滝にほぼ毎月通っているという滝の達人の友人曰く、
「空気よりも水の方が13度も暖かいから大丈夫ですよ~」と。

アタマオカシー 笑

ま、ワタクシも滝行は初めてではなかったのですけどね。
4回目かな。

にしてもですよ!
真冬の北海道で滝行はアタマおかしーでしょー、フツーに考えて!
水温0度とか気温マイナス13度とかアタマおかしーでしょー、フツーに考えて!!笑

~~~~~~~~

前の日から札幌に入りまして。
滝仲間達とすすきので飲んでおりましたがもちろん既に街中は雪まみれ。
さすが札幌、すごいなーと思ったのは、道路も歩道も雪で凍っているのに転んでいる人が誰もいない 笑
しかも歩いている人達はフツーにビジネスシューズとかハイヒールとか。
東京でこんだけ雪が降ったらみんなツルンツルン滑ってますよね~(^^)

翌朝は8時にすすきの駅集合で、友人の車にみんなで乗せてもらって滝へゴー!!

すすきのから車で30分程でしょうか。
連れて行かれたのはちょっとした山の中にある小さな小屋。
「有明滝道場」という看板。
築60年ぐらいは経っているのではないかと思われる小さなボロい小屋(失礼!)は、中でストーブ焚いてあるのですがそれでも充分に寒いw

そこに滝の先生達がいらっしゃいまして。

みんなで軽く小屋の周囲の雪かきをした後に、道場のスタッフの方々が、お風呂を沸かしたりお昼ご飯の準備をして下さったりしている。
その間には滝行に参加する10人程度の人達が、白い道着に着替えた後、軽く準備運動したりヨガ教室っぽいことをしたり。

やがて準備が整ってくると、滝の先生に習って小屋の中の祭壇に向かってお経のようなものを唱えたりする。
初心者の人もいますから適当に間違えたりしながらも一緒に唱えるわけです。
滝に打たれる前の儀式ですね!どこの滝でも必ずやります。
滝によってお作法も違うので、初めての滝だと、滝の熟練の人達でもそこでは初心者なワケですね。

そんなこんなしていざ滝に入るわけですが。

今回は本当に貴重な学びを得ましたよ!!

目の前には水温0度の滝が流れているわけです。
フツーに考えたらどう考えても冷たいワケです!
っていうか凍るぐらい冷たいワケですよ!笑
っていうか実際周囲は雪とか積もってるし凍ってるし!!

でもその状況で、仲間達もいるワケで。
自分一人だけ「やっぱりチョー冷たそうなのでオレ、やめときます!!!」
っていうワケにはいかない。

そうすると人間、「諦めの境地」といいますか・・・笑

「諦める」というのは「明らかなものとして極める」という意味であると、作家の五木寛之さんがおっしゃっていましたが。

つまり「諦める」というのは「抗わない」そして「受け入れる」という意味なんですねー!

 

一旦受け入れてしまうと人間、ココロが穏やかになるものなんですねー!

そうすると0度の水に入っても、それほど冷たいと感じない。
むしろ「爽やか!!」みたいな感じがするのです!!

 

いや~これは発見でした!!

0度の水に入って爽やかとかマジでアタマおかしーと思うでしょ!??笑

でもね、これがホントに爽やかなんですよ!!

「諦める」ってホントに大事!!
「諦める」ってホントスゴイ!!
人間、諦めれば何でも出来る!!!

このことをある知り合いの人に話したら、その人は前に金融機関につとめていたことがあって、
「自己破産する寸前の人って、意外と穏やかなんだよね~」って言ってました!!

「あ~分かる分かる!!」みたいな!笑

かくいうワタクシも数年ほど前に実は自己破産寸前まで行きましたから~!(^^)

もう完全に「諦めている」から
もう己の置かれている状況を完全に「受け入れている」からw

数年前に、その昔とってもお世話になっていた音楽業界時代の先輩が末期がんになり50代で他界したのですが、無くなる直前のFacebookの書き込みに、
「不思議なもので、自分の『死』というものを受け入れた瞬間、不安や恐怖心は全く無くなりました。」
みたいなことを書いていましてね。

何か人間の心理、真理ってそういうことなんだろうな~と思いますね~。

これと全く同じことを、アメリカの自己啓発の神様デール・カーネギーという人は著書「道は開ける」の中で語っています。
どうやって「悩み」を克服するかという話。

1. 最悪のケース(Worst Case Scenario)を想定する
2. その最悪のケースを一旦受け入れる
3. その上で今出来る最善のことをやる

本とかで読んで知ってはいたし、これまでの自分の人生経験でそのようなことは何度もありましたね!

でも今回改めて気付かされましたよ!!

諦めることの大切さを!!

人間、諦めれば何でも出来ると!!

「人生、諦めが肝心」っていうのはホントだったと!!

だからこれからも、人生大いに諦めながら生きていこうと決めました!!

有り難いことに、ウチのお掃除屋さん=おそうじ劇場のスタッフさんは10人にもなりました!

これだけスタッフが増えてくれたのは本当に有り難いこと!!

だからもっとスタッフさん達に仕事をお願い出来るようにするためにも、諦めてガンガン営業します!!

諦めの営業 (笑)

多分相当仕事取れると思いますw

※興味のある方やお暇な方はこちらに滝行の写真がありますので是非w
https://www.facebook.com/profile.php?id=100002092564870

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です