メルマガ Vol.31 経済合理性に基づかない食生活

もうゴールデンウイーク!!早いですねー!!今年ももう残すところあと8ヶ月ですよ!!
ホントびっくりします!!
人生の残り時間も減る一方ですから(←そりゃ増えるわけがないので・・・いや、メッチャ健康に注意しながら生きていれば増やせるか!?
笑)、毎日を大切に過ごしたいものですね!!

さてさて、ボクの自宅には冷蔵庫がありませんで。

このネタはいろんなところで書いたり話したりしているのでご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが。

炊飯器もトースターも電子レンジもありません。

テレビや洗濯機、掃除機もないのですが、なんと言っても「キッチン家電」は一つもないのですね。

このメルマガは「暮らしをもっと不便に~!」というのが一つの大きなテーマなワケですが、特に食生活はなるべく不便な方法で調理した物がいい、というお話しは何度かここでも書いております。

我が家ではガスコンロで調理していますが、電気よりガス、ガスより薪や炭・・・
なるべく不便な方法で調理した方がダンゼン美味しくなるわけですね!
そりゃそうだ!

ボクは常日頃から、冷蔵庫という「便利」なもので保存するよりも塩漬けなどの「不便」な方法で保存した方がダンゼン美味しくなる!!というハナシをみなさんにお伝えしています。

ところで、ライザップっていう会社は炭水化物を減らすダイエットを勧めていますが、ライザップの本を読んでいたら書いてあったのが、そもそも炭水化物(→穀物)っていうのは人間の歴史の中で、経済合理性に基づく食物として普及していったのだと書いてありました!br>

どういうことかと言うと、それまで狩猟採集生活をしていたのが、麦やらジャガイモやら畑で育てるという農業というものが発明されて、それによって効率よく食物を調達することが出来るようになり、それが普及していったらしいんですね~
それが「主食」ってことで世界中に広まって行ったと。
なるほど動物を追っかけ回して獲ってくるより効率がいいってことですね!
つまりコストが安くなるわけで、経済合理性に基づいているっていうことです。

ところが、そもそも人間というのは何百万年もの間、その狩猟採集生活で動物の肉などのタンパク質を中心とした食生活をしていたので、そんなにたくさんの炭水化物を食べるように身体が出来ていないのだそう。
農業なるものが発明されて穀物を多く食べるようになってからまだせいぜい数千年しか経っていない。
数千年程度では人間の身体は変わらないわけですね!

ボクが敬愛してやまない、そして定期的に身体のメンテナンスをお願いしている仲野整體東京青山の仲野孝明先生も、やはり穀物少なめの食事が健康にいいといつもおっしゃっている。

つまり、経済合理性に基づいた食物は、そういう意味でも良くなかったのか!!!と気付かされたわけです!
農業が始まった頃まで遡っての話ですからね!!笑

普段からボクの言っている「なるべく不便な食事」というのはつまり「なるべく経済的に合理的ではない食事」ってことになるワケですね!

そう考えてくると例えば、無農薬の有機野菜とかは、経済的に合理的ではない「不便な方法」で育てた野菜ってことになる。化学肥料とか農薬とかをバンバン使って育てるよりもはるかに手間ヒマが掛かるワケです。
でもその方がダンゼン美味しい!

例えば養殖じゃなくて天然の魚っていうのは経済的に合理的ではない、獲ってくるのに手間もヒマも掛かるワケです!でもその方が美味しい!

網で大量に一気に捕ってきた魚よりも一本釣りの魚の方が美味しい!

さらに釣った後に一匹ずつ活け締めにすればさらに美味しい!

ケージの中に閉じ込められてほとんど身動きも取れないような状態で育てられているブロイラーよりも平飼いの地鶏の方がそりゃ美味しいに決まっている!!

食べている飼料だって経済合理性に基づいた安い飼料ではなく、ちゃんとしたものを食べさせた方が肉も卵も美味しくなるわけでしょう!

牛や豚だってそうです!

そしてそうやって経済合理性に基づかない方法で育てられたものの方が健康的だっていうことですよね、明らかに!!

ま、もちろんそうした食材はもちろん調達するのにコストが掛かっているわけだから当然金額的にも高くなってしまう。全ての食材をというのはなかなか難しいでしょうが、少しでも出来るところから、ちゃんと選んで食べたいものです。
卵なんかはその最たる物でしょうけど、少なくともあんまり安い食材は選ばない方がいいと思いますね~

「安い」ってことはそれなりの理由があるワケですね!

化学調味料や酸化防止剤、保存料などの添加物が満載の食べ物もつまり、メチャメチャ「経済合理性」に基づいた食べ物ですからなるべくさけた方がいい。
ボクの自宅ではそういう物が入っている加工食品は一切使っていません。
「なんとかの素」とか「クック○ゥ」とか「めんつゆ」とか「なんとかのタレ」とか・・・
便利ですよね~~(^^)
だから一切使わないw

解剖学者の養老孟司先生によると、大人の身体でも一年経つと全身の細胞のなんと9割が新しいものに入れ替わるんだそうです!!
ビックリしますよね!!
そしてそれ、全て食べ物から来るわけですからね!!
身体を構成する細胞だけではなく、心身のバランスを整えるホルモン物質だって血液だって、要は全て食べ物から来ているワケですからね!

健康な毎日は健康な食事からってことです!!
健康な毎日は不便な食事からってことです!!笑

残りの人生を健康に過ごすためにもなるべく不便な、経済合理性に基づかない食生活を心掛けましょ~!!(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です