●雑菌・黒カビが生える条件

 雑菌や黒カビが生える条件は次の三つです。

 ・栄養分(お部屋の空気中に舞っている)

 ・湿気

 ・温度

 この三つの条件が整うのは、梅雨~夏場にかけての、冷房を使う時期です。冬場に暖房で使用する場合にはこの三つのうちの「湿気」があまりありませんから、雑菌や黒カビが増えることはあまりないと考えられます(但し、夏場に繁殖した雑菌・黒カビが暖房運転の際にも部屋の中に飛んでくる)。

 エアコンの汚れの進み方は、使い方やお部屋の環境、周辺環境にも大きく左右されるのですが、単純に運転時間によると考えておいて戴くと分かりやすいです。単純に、回している時間が長ければ長いほど汚れます。今どきのご家庭では、日当たりの良いリビングなどのエアコンは、夏場は冷房をガンガンに回しっぱなしにするということも多いでしょう。寝室などで寝る時だけに弱く付けるような場合と違って、絶え間なく湿気がエアコンの内部に充満していますから、当然雑菌や黒カビが生えやすくなります。店舗やオフィスでも、夏場の日中はエアコン回しっぱなしですよね。6月~9月ぐらいまでの数ヶ月間、部屋の中に干してあるタオルが毎日濡れたり乾いたりを繰り返していると想像してみて下さい。臭わない方がおかしい。エアコンの内部はそういうことになっているのです。

雑菌・黒カビは「ねずみ算式」(指数関数的)に増える

 雑菌さん、黒カビさん達も生き物ですから、仲間を増やすのに一生懸命です。だから条件が整うとまさに「ねずみ算式」に増えます(指数関数的に増える)。まさにこの記事を書いている2020年4月現在、新型コロナウイルスが世界中で爆発的に増えるという「パンデミック」が起こっています。エアコンに生える雑菌・黒カビも全く同じ。最初のうちはほんの少しずつしか増えないのであまり気にならないのですが、あるところまで来るとその後は爆発的に増えてしまうのです。気付いたら吹き出し口が真っ黒になっていた、ということが起こるのです。実際にお客様で、夏休み中に一週間ほど家を空けていたら、帰ってきた時にはエアコンの吹き出し口が真っ黒になっていたという方がいらっしゃいました。その一週間の間に爆発的に増えてしまった訳ですね。

新品から2年で内部が真っ黒になっていることも

 これも実際にあった話です。新品で購入~取り付けしてからたった2年しか経っていないエアコンの内部が真っ黒、黒カビだらけだったことがあります。リビングのエアコンで、夏場は日中は基本的に点けっぱなしとのこと。しかも「自動お掃除機能付」のエアコンでした。

◀◀◀元の記事に戻る

お申込み・お問い合わせは
おそうじ劇場 0800-500-0302
フリーコール(携帯電話からも通話料無料)
※現場で出られないことがあります。
折り返しお電話致します。